社内DX化アプリ構築サービス

社内DX化アプリ構築サービス

kintoneやGoogle Apps Script(GAS)を利用した社内DX化のご相談なら、社内DX推進プロジェクトを運営する株式会社シンプルメーカーにご相談ください。

こんなご要望ありませんか?

現在、Excelで運用しているものをkintoneアプリにしたいなどのご要望に対応させて頂きます。

  • 営業リストをkintoneアプリで管理し、各営業担当者の活動履歴を管理したい。
  • kintoneで登録した内容をGoogleカレンダーにも自動的に登録させたい。
  • kintoneからfreee会計ソフトの見積書を作成し、承認フローができるようにしたい。
  • Googleフォームの情報をkintoneアプリに登録されるようにしたい。

開発できないケース

PHP、Javaなどのプログラム言語を扱うシステム開発は現在行っておりません。外部システムとの連携はGoogle Apps Scriptを利用させて頂きます。
Google Workspaceをご利用のお客様で、外部ドメインとの共有を禁止されている場合は、開発用のGoogleアカウントを1つ作成して頂きます。

kintoneやGoogle App Scriptでアプリをつくるメリット・デメリット

メリット

  1. 簡単、スピーディー(低コスト)にアプリをつくることができる
  2. 様々なアプリをつくることができる。
  3. クラウドサービスのため、アカウント利用料以外に保守やサーバー代などの費用が掛からない。

デメリット

  1. 決められたルール内でアプリをつくるため、全てをオーダーメイドにつくることができない。kintoneは汎用性の高いサービスですが、できないこともあります。
  2. クラウドサービスのため、イントラ環境ではない。ただし、kintoneやGoogle Workspaceは、セキュリティの高い環境であるため、安心してご利用いただけます。

開発の流れ

ステップ1 お問い合わせ

無料お見積りフォームからご相談ください。できるだけ詳しい内容をお書きください。

下矢印
ステップ2 オンラインでのお打ち合わせ

Zoomなどでご相談内容を確認させて頂きます。オンラインのため、全国のお客様を対応しております。※弊社では在宅のエンジニアが対応させて頂いております。
現在利用されているExcelファイルなどがあれば、確認させて頂きます。

下矢印
ステップ3 お見積書の提出

お見積書を提出させて頂きます。また、再度オンラインで開発するアプリの説明をさせて頂きます。
問題ないようであれば、業務委託契約書を締結させて頂き、開発を開始させて頂きます。
※開発に伴い、kintoneなどのアカウントをご提供頂きます。

下矢印
ステップ4 設計・開発

弊社の開発スタッフが設計・開発を行います。

下矢印
ステップ5 開発アプリのご確認・納品

開発したアプリをご確認頂きます。2週間以内にご確認をお願いします。
確認後、検収書をご提出頂きます。

下矢印
ステップ6 お支払い

納品月の月末にご請求書を発行させて頂きます。翌月末までにお支払いをお願い致します。